失敗しない賃貸マンション経営を
分譲マンションコレクターが伝授します!

マンションは将来不安? それって本当? ポイントは「管理の仕組み化」 by 日経読まれた記事ランキング ~毎日ブログ1287日目

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

本日のブログでは

 

 

日経「読まれた記事ランキング」
より、僕が気になった記事を
ピックアップして、コメントします。

 

 

本日は、毎日ブログ1287日目です。

 

 

では、今週の
「読まれた記事ランキング」です。

 

 

 

 

「読まれた記事ランキング」
の中で僕が気になった記事は

 

 

 

第5位の

 

タワマン、

築30年以上が1割に

 

迫る「2つの老い」

 

 

です。

 

 

 

 

記事の全文は
こちら・・・

 

タワーマンション、築30年以上が1割に 迫る「2つの老い」 Inside Out – 日本経済新聞
【この記事のポイント】・築30年以上のタワマンは、全国で177棟、計6万戸に・管理方法の歴史浅く、理論や技術が確立されていない・大規模修繕や建て替え、住民同士の合意形成がカギ建物の老朽化と住民の高齢化という「2つの老い」がタワーマンションに忍び寄る。バブル期前後に建ち、築30年以上になる物件は全体の約1割を占める。大規模修繕工事を高齢住民らが負担することになるが、多額の費用の捻出や住民間の合意づ

 

 

少し長くなりますが

記事によると、

 

 

建物の老朽化と

住民の高齢化という

 

 

「2つの老い」が

タワーマンションに

忍び寄る。

 

 

 

 

築30年以上になる物件は

全体の約1割を占める。

 

 

大規模修繕工事を

高齢住民らが

負担することになるが

 

 

多額の費用の捻出や

住民間の合意づくりは

難しい。

 

 

タワマンは

立地の良さや利便性が評価され

資産価値が高いとされてきた。

 

 

しかし「タワマンの歴史は

まだ浅く、

 

 

管理方法は

理論的にも技術的にも

確立していない」とし

 

 

一般的なマンションと比べて

大規模修繕や建て替えが

難しいと指摘する。

 

 

住民の備えは

十分とはいえない。

 

 

東京都新宿区が

20年に公表した

 

 

区内のタワマン管理組合への

アンケートでは

 

 

48%が今後の修繕積立金が

「足りない」と回答した。

 

 

供給年代が古いほど

区分所有者や居住者の

管理への関心が薄い傾向がみられ

 

 

役員のなり手不足に

悩む声も目立った。

 

 

背景にあるのは

住民の高齢化だ。

 

 

タワマンの『終活』を

どうするか、

 

 

真剣に考えることも

必要になってくる。

 

 

と、あります。

 

 

 

マンションについて

今回の記事のように

 

 

不安をあおって

解決策を示さない

 

 

そういう記事内容は

とても多いです。

 

 

まず分譲マンションの

築30年は

「老い」ではありません!

 

 

実際に築30年以上の

分譲マンションを

見たことがないから

 

 

このような記事を

書くのです。

 

 

僕の「分マン遺産探訪」を

この記者の方が

読んでいたら、

 

 

こんな記事は

書けないです。

 

 

でも、分譲マンションも

古くなることは

間違いないんだから、

やっぱり心配なんだけど?

 

 

という意見はあるでしょう。

 

 

では、まず住宅について

分類してみましょう。

 

 

①木造住宅

②鉄骨造住宅

③鉄筋コンクリート住宅

 

の大きく3種類があります。

 

 

形態として

 

①戸建

②賃貸住宅

③分譲マンション

 

 

のこちらも3種類あります。

 

 

 

この3種類ずつを

掛け合わせた

9分類ができます。

 

 

この9種類の中で

3つの質問をします。

 

 

①大規模修繕を想定した

長期修繕計画を作成しているのは

どれでしょうか?

 

 

②大規模修繕を想定して

毎月、修繕積立金を

積み立てているのは

どれでしょうか?

 

 

③木造、鉄骨造、

鉄筋コンクリート造で

一番強い構造は

どれでしょうか?

 

 

①と②の回答は

分譲マンションです。

 

 

戸建や賃貸住宅では

長期修繕計画はありません。

 

 

また、修繕のために

毎月積み立てしてる

 

 

戸建所有者や

賃貸オーナーは

少ないです。

 

 

③の回答は

鉄筋コンクリート造です。

 

 

木造や鉄骨造は

鉄筋コンクリート造より

構造は弱いです。

 

 

 

つまり、世の中の住宅の

大部分を占める

 

 

木造や鉄骨造の

戸建や賃貸住宅は

弱いうえに

 

 

経年劣化に対して対応策

(長期修繕計画や

修繕積立金の積み立て)が

仕組み化されていないのです。

 

 

また「分マン遺産探訪」でも

示していますが、

 

 

分譲マンションは

古くなっても

若いマンションがたくさんあります。

 

 

要は、マンションが

心配なのではなく

 

 

中には心配な

マンションがあるだけで、

 

 

心配にならないように

きちんと管理してればOKです。

 

 

そして、管理が「仕組み化」

されているのは、

 

 

現状では

分譲マンションしかない

ということです。

 

 

 

 

ブログについての

お問い合わせは

 

お問い合わせ

 

不労所得を目指すのではなく、

自ら学んで、自ら賃貸経営を

したい方からの

お問合せお待ちしています!

 

 

では、また明日!

 

 

About Me

 

 

僕は、自分が良いと思えない

モノを売ることができず、

 

大卒から8年で

5回の転職、2回のリストラを

経験しました。

 

 

自分が「良いもの」だと

思えないものは提供できない

と分かったのです。

 

 

その経験から、僕自身が

良い家と思える

「自分が住みたい家」のみを

貸す大家になった

 

 

分譲マンション

コレクター

のヨコちゃんこと

横山顕吾です。

 

 

 

またの名を

 

お金がなくても

資産家に導く

 

マンションオーナー

育成士!

 

です。

 

 

僕のミッションは、

 

独自ノウハウの

“BMBメソッド”で

自己資金40万から40物件!

 

BMBメソッドで

分譲マンション

オーナーへ導く

 

です。

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒730-0036
広島市中区袋町4-32-302
マップを見る
営業時間 平日10:00〜18:00
広島大家塾のHP

           

分譲マンション
コレクター

                               
名前横山 顕吾
住まい広島県

Profile

僕は、就職先で自分が良いと思えないモノを売ることができず、大卒から8年で5回の転職、2回のリストラを 経験しました。

自分が「良いもの」だと思えないものは提供できないと分かったのです。

6つ目の就職で、分譲マンションと出会い今までの転職ばかりの経験から、僕自身が良い家と思える「自分が住みたい家」のみを賃貸する大家になった分譲マンションコレクターのヨコちゃんこと横山顕吾です。
またの名をお金がなくても資産家に導くノウハウ伝道師!です。

僕の賃貸経営のミッションは
賃貸ライフを分譲ライフに!
借主に所有者同様のマンションライフをご提供!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss