不動産投資を学ぶvol.7(不動産投資と為替) ~広島大家塾流の考え方

今回は、不動産投資と為替について検討します。

一般的には為替(FX)は株式投資と同様にハイリスク・ハイリターンと言われているように思います。一方、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンです。

為替は、各国の国の通貨ですので、株よりも個別性が高いように思います。株も各会社単位で購入するので、個別ですが、TVニュース等では日経平均やTOPIXという全体で公開されるからです。一方、為替は米ドルであったりユーロですので明確です。ただ、FX投資となるとレバレッジをきかせるため、超ハイリターンが期待できますが、その逆もありえます。しかも、為替は、自身がどれだけ頑張ろうが、ドル相場に何の影響を与えることもできません。株も同様ですが、それ以上にどうしようもできない世界のように思います。

これを自身にあてはめてみると、国内事情もよくわかっていないのに、海外なんて全く???ですので、為替がどう動くかなんて全く???です。となると、ハイリターンを期待する方が間違いということになり、ハイリスク・ローリターンとなります。ただ、レバレッジをきかせるようなことはしないので、ミドルリスク・ローリターンかなと思います。

今から約5年前であれば、円高でしたので、そういう時期に投資しているならリターンは大きくなります。私自身もその時期に何回かに分けて投資をして、100円/ドル程度になったときに売却。今は約120円にもなってきていますので、ドル積立をストップして、据え置いて返戻金の金利の動きとの調整で売却しようと思っています。

これくらいの簡単な「円高で買い、円安で売る」程度の為替でしたら、ローリスクミドルリターンかなと思います。

不動産投資と株式投資でも書きましたが、私は不動産投資はローリスクミドルリターンだと思っていますので、同様なローリスクミドルリターンになりうる為替投資であればGOと考えます。

代表の取引先

banner0521